つれづれな日 ポケモンXY ○○要員まとめ
主にポケモン。初代・金銀の開発史考察多し。
QLOOKアクセス解析
未分類RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポケモンXY ○○要員まとめ

今迄のポケモンシリーズでも、捕獲要員だとか秘伝要員だとか何かしらの役割に特化させた所謂「○○要員」としてのポケモンを何体か用意していると何かと便利でしたが、
XYではその○○要員は結構なバリエーションを求められるようですねぇ。背景アイテム回収要員とか。



その○○要員をちょいちょいまとめてみました。参考までにどうぞ。

235 ドーブル 6th捕獲要員
637 ウルガモス 6th663 ファイアロー孵化要員
216 ヒメグマ 6th物拾い要員
290 ツチニン 6th複眼要員
162 オオタチ 6th野生ポケ所持アイテム強奪要員
235 ドーブル 6th背景アイテム回収要員 兼 群れバトル努力値稼ぎ要員
235 ドーブル 6th金稼ぎ要員
632 アイアント 6th235 ドーブル 6thさかさバトル攻略要員
M115 メガガルーラ445 ガブリアス 6th094 ゲンガー 6thバトルハウス攻略要員
550 バスラオ 6th伝説ポケモン厳選要員






捕獲要員

235 ドーブル XY
特性:テクニシャン
性格:意地っ張り
努力値:120-252-108-0-28-0
技構成:キノコの胞子/峰打ち or 手加減/水浸し/シンプルビーム or 仲間作り
持ち物:シルクのスカーフ or 防塵ゴーグル


毎回恒例の捕獲要員ですね。

今迄は思考停止でASぶっぱにしていたのですが、よくよく考えてみたらLv.100なら大抵の野生ポケには先手が取れるはずでしょうから耐久に振った方が良いっぽいんですよね。
って事で努力値はこういう感じに。


水浸しは岩・ゴースト・鋼タイプのポケモンにノーマル技の峰打ちを等倍で撃てるようにするため。
XYからは草タイプのポケモンにキノコの胞子を撃てるようにするためという役割も加わりました。俄然重要度の高い技ですね。


特性変更技は不眠、やる気、草食、静電気、炎の体等々の邪魔な特性を消すため。
フェアリーオーラやダークオーラも含め、火力アップ系の特性を奪う事でLv.100でも心もとないドーブルの耐久力を補うという使い方もあります。
変更前&変更後の特性名のテロップが出るため出現した野生ポケがお目当ての特性なのかどうかを判別するという目的にも。


キノコの胞子と峰打ちは言わずもがな。

峰打ちの枠は仕様、技タイプ、威力、PP等何もかもが同じなので手加減でもまぁOK。ポケモンバンクで貰える例のセレビィが覚えてるやつね。
強いて言えば手加減の方が煽り性能が高い



【スケッチ経路】
キノコの胞子………パラス(Lv.22)、キノココ(Lv.45)、タマゲタケ(Lv.50)
峰打ち………技マシン54(ヤンチャム、ヒトツキ、ルチャブル等)
手加減………セレビィ(ポケモンバンク産限定技)
水浸し………バスラオ(Lv.32)、ママンボウ(Lv.33)コダック(Lv.36)等
シンプルビーム………リグレー(Lv.29)、タブンネ(Lv.45)、ゲノセクト(Lv.62)
仲間作り………プラスル(Lv.1)、マイナン(Lv.1)、アイアント(Lv.46)等




孵化要員

637 ウルガモス XY663 ファイアロー
特性:炎の体
性格:不問
努力値:不問
技構成:空を飛ぶ/不問/不問/不問
持ち物:不問

タマゴを素早く孵化させる、エメラルドからお馴染みの要員。

特性が炎の体であり尚且つ空を飛ぶを覚えるポケモンというとウルガモス・ファイアローの2体が挙がりますがまぁお好みでどうぞ。

ウルガモスにしろファイアローにしろ、残った3つの技スペースがどうしても腐りがちなのでどうにかして活用できないか本気出して考えてみましたがどうも無理っぽいですね…(無念)




物拾い要員

216 ヒメグマ XY
特性:物拾い
性格:不問
努力値:不問
技構成:全不問(ヒメグマのみ甘い香り必須)
持ち物:無し

(参考:ものひろいで拾えるもの ― ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki

これまたお馴染みの要員。
4~5匹は用意しておきたいところですね。
また、そのうち1匹は群れバトルの起動となる甘い香りを唯一覚えられるヒメグマにしましょう(Lv.22で習得)。残りはお好みで。


ちなみに、特性が物拾いのポケモンは以下の15種です。Lv.100になるまでに必要な経験値(所謂「最終経験値」)別に分けてみました。

80万:エイパム、エテボース
100万:ニャース、ヒメグマ、ゴマゾウ、ジグザグマ、パチリス、ホルビー、ホルード、デデンネ、バケッチャ、パンプジン
106万:ヨーテリー (厳密に言うと105万9860)
125万:ゴンベ




複眼要員

290 ツチニン XY
特性:複眼
性格:不問
努力値:不問
技構成:命懸け/穴を掘る/居合切り/フラッシュ
持ち物:不問


特性・複眼のポケモンを手持ちの先頭に配置すると、アイテムを持った野生ポケと遭遇しやすくなります。
その効果は瀕死状態でも発動するため、手持ちの先頭を瀕死の複眼ポケ、2番目を泥棒等の強奪技を覚えたお見通しポケという風に配置するのがベストですね。

(参考:野生ポケモンの所持道具 ― ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki


その複眼要員に求められる要素はなんといっても素早く瀕死になれる事、すなわち自滅技を覚える事でしょう。
もちろん低レベルの個体を用意し適当に出くわした野生ポケに倒してもらうという方法を採りはしますが、中には補助技ばっかり使ってきてなかなかこちらを倒してくれない野生ポケもいます。
自滅技をあらかじめ搭載しておけばそういう事態に陥っても大丈夫だよね、という訳です。


もしかしたら僕が見落としてるだけで自滅技を覚える複眼ポケは他にもいるのかもしれませんが、
ツチニンは穴を掘るや居合切り等のフィールド技も覚えるため余った技スペースをムダ無く活用できるという点でも魅力的です。
(XYってフラッシュ必要だっけ?w)



【技の習得経路】
命懸け………チョボマキ(Lv.56)、アギルダー(Lv.56)から遺伝
穴を掘る………技マシン28
居合切り………秘伝マシン01
フラッシュ………技マシン70




野生ポケ所持アイテム強奪要員

162 オオタチ XY
特性:お見通し
性格:意地っ張り
努力値:4-252-0-0-0-252
技構成:泥棒/欲しがる/トリック/波乗り
持ち物:無し


前述の「2番目に配置するポケモン」です。

特性がお見通しで尚且つ強奪技を覚えるポケモンは結構いますが、その強奪技を3つも覚えるオオタチにしました。
ぶっちゃけ「別に1つで十分じゃあないの?」と指摘されると返しが苦しいのですが、まぁラブカス狩りなんかをする時は便利なんじゃないっすかね(適当)


残った技スペースには秘伝技の波乗りを搭載。
今作、秘伝要員は他の○○要員にちょいちょい兼任させていった方がいい感じがします。なんとなく。



【技の習得経路】
泥棒………技マシン46
欲しがる………ドーブルから遺伝 or BW2教え技(赤2)
トリック………ドーブルから遺伝 or BW2教え技(緑10)
波乗り………秘伝マシン03

【スケッチ経路】
欲しがる………ヒメグマ(Lv.1)、ニャスパー(Lv.5)、ジグザグマ(Lv.29)等
トリック………ロトム(Lv.1)、バケッチャ(Lv.1)、バリヤード(Lv.36)等




背景アイテム回収要員 兼 群れバトル努力値稼ぎ要員

235 ドーブル XY
特性:テクニシャン
性格:やんちゃ or 寂しがり or うっかりや or おっとり
努力値:4-252-0-252-0-0
技構成:花吹雪/竜巻/ハイパーボイス/空を飛ぶ or ハロウィン
持ち物:不問


XYから新たに登場した「群れバトル」は、全体が対象の攻撃技を撃てば5匹全員を一気になぎ倒す事が出来ます。
努力値も5匹分のものが一気に注ぎ込まれるため、群れバトルは努力値稼ぎに便利です。

(参考:群れバトル ― ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki


また、XYでは野生ポケとのバトルにおいて背景の高台に破壊可能なオブジェクトが現れることがあります。
それを特定の技で攻撃すると戦闘終了後にこれまた特定の道具を入手する事が出来るのです。

(参考:バトル背景から入手する道具 ― ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki


色々考えた結果、この2つの“要員”は一纏めにする事にしました。
背景アイテム回収の対象になっている花吹雪・竜巻・ハイパーボイスはいずれも全体攻撃技なのです。

【訂正について】
当初、竜巻を単数攻撃技と思い込んでおりエアカッターと書いていました。たいへん申し訳ございません。
そしてご指摘ありがとうございます。エアカッターと違って命中率100だから断然竜巻一択なのよね。
某攻略サイトに誤って載っていた情報を鵜呑みにしてしまっていたぜ…


また、「空を飛ぶの枠はハロウィンでもいいかも」という提案意見もいただきました。
もしも色違いの個体やまだ持ってない隠れ特性の個体なんかが現れた場合、ハロウィンでその子にゴーストタイプを付加し、ハイパーボイスでその子以外の4匹を一掃して
捕獲機会に持ち込めるのですね。
情報ありがとうございます!


【スケッチ経路】
花吹雪………フラベベ(Lv.28)フシギバナ(Lv.50)、ロゼリア(Lv.50)等
竜巻………ポッポ(Lv.21)、ミニリュウ(Lv.26)、ドラミドロ(Lv.1)等
ハイパーボイス………ペラップ(Lv.1)、オオタチ(Lv.56)、モノズ(Lv.58)等
空を飛ぶ………秘伝マシン02
ハロウィン………バケッチャ(Lv.6、Lv.23、Lv.40)



金稼ぎ要員

235 ドーブル XY
特性:マイペース
性格:控えめ
努力値:120-0-108-252-28-0
技構成:ハッピータイム/爆音波/大地の力/デスウイング
持ち物:お守り小判

バトルシャトーでお小遣いを稼ぐための要員。色々下準備を要しますがここの施設が一番稼ぎが良いっぽいですね。

使うと貰える賞金が2倍になるハッピータイム、タイプ一致で威力が高くPPもそれなりに多い爆音波、爆音波が効かないor効きづらい相手に刺さりやすい大地の力、
そしてドーブルがLv.100でも打たれ弱い事を考慮したデスウイング。という技構成になっております。

(参考:バトルシャトー ― ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki





【スケッチ経路】
ハッピータイム………マーイーカ(ポケモンセンター配信産限定)
爆音波………バクオング(Lv.1)、オンバーン(Lv.1)
大地の力………マグカルゴ(Lv.1)、ディグダ(Lv.29)、ナックラー(Lv.39)
デスウイング………イベルタル(Lv.26)




さかさバトル攻略要員

632 アイアント XY
特性:怠け
性格:穏やか or 慎重
努力値:252-0-4-0-252-0
技構成:仲間作り/不問/不問/不問
持ち物:光の粉

235 ドーブル XY
特性:テクニシャン
性格:うっかりや or おっとり
努力値:120-0-108-252-28-0
技構成:守る/ハロウィン/峰打ち/爆音波
持ち物:シルクのスカーフ


18番道路の民家にて「さかさバトル」という珍妙なポケモンバトルを1日1回行えます。バトル終了後にアイテムを貰えるのですがその詳細は後述。


さかさバトル中は効果抜群がいまひとつになり、無効・いまひとつが効果抜群になります。ステルスロックのダメージ倍率も同様です。また、電磁波が地面タイプに効くようになります。
ただし貰い火や不思議な守り等はあくまで「特性」なのでいつも通りの効果になります。一応注意。


効果抜群を取ると+1ポイント、いまひとつや無効を取ると-1ポイントされ、最終的なポイントによって前述の「貰えるアイテム」の種類が変化します。
貰えるアイテムの個数は、自分のポケモンが1匹も瀕死にならなかった場合は3個、1匹でも瀕死になった場合は1個です。

さかさバトルの景品

(参考:さかさバトル ― ポケットモンスターX・Y 攻略情報まとめwiki


※以下、相手の繰り出すポケモン3匹を ABCと表記します


アイアントAが戦闘に出る)

【1ターン目】
アイアントの仲間作り→Aの特性が怠けに
Aの攻撃→アイアント耐える or 避ける

【2ターン目】
アイアントドーブルと入れ替える
Aは怠けている

【3ターン目】
ドーブルの守る
Aの攻撃→ドーブルは守っている

【4ターン目】
ドーブルのハロウィン→Aにゴーストタイプを追加
Aは怠けている

【5ターン目】
ドーブルの爆音波→Aを倒す(+1ポイント)


Bが戦闘に出る、ドーブルアイアントと入れ替える)


【6~10ターン目】
1~5ターン目の流れを繰り返す(+1ポイント)


Cが戦闘に出る、ドーブルアイアントと入れ替える)


【11~14ターン目】
1~4ターン目の流れを繰り返す

【15ターン目以降】
峰打ち→守る→峰打ち→守る→……を繰り返す(+nポイント)
どれだけ繰り返すかはお目当てのアイテムに応じて調節(ラストターンにも+1ポイントされる事をしっかり念頭に置いて!)

【ラストターン】
ドーブルの爆音波→Cを倒す(+1ポイント)

※場合によっては途中ですごい傷薬等でアイアントを回復させる必要がある事も。そういう時も臨機応変に対処。



このさかさバトルを上手く活用すれば、1日3個のペースで不思議なアメをコンスタントに貯めていく事が出来るのです。
ポイントを調整していけば進化の石や半減の実も。


以下のポケモンは妨害しうる要素を持っているので出てきたら気を付けて下さい……というか身構えて下さい。
例えば、↑の例では「峰打ちによるポイント調整」を3匹目で行っていますが1、2匹目の段階で↓に載せてないポケモンが出てきたのなら安全なそいつで調整しておく……
等といった工夫も大事ですね。

・エモンガ(光の壁)
・オーロット(ゴーストダイブ、守る)
・カクレオン(レッドカード)
・キリキザン(気合のタスキ)
・ゴルーグ(ゴーストダイブ)
・スカタンク(フェイント)
・チルタリス(滅びの歌)
・ドサイドン(光の粉)
・ヌケニン(ゴーストタイブ、影分身)
・ブースター(穴を掘る)
・マグカルゴ(呑気のお香)
・モロバレル(胞子)
・ユキノオー(守る)


都合の悪い展開になってしまったらリセットしてやり直しましょう。



【技の習得経路 及び スケッチ経路】
仲間作り………Lv.46

守る………技マシン17
ハロウィン………バケッチャ(Lv.6、Lv.23、Lv.40)
峰打ち………技マシン54(ヤンチャム、ヒトツキ、ルチャブル等)
爆音波………バクオング(Lv.1)、オンバーン(Lv.1)




バトルハウス攻略要員

M115 メガガルーラ
特性:早起き or 肝っ玉
性格:陽気
努力値:4-252-0-0-0-252
技構成:恩返し/不意打ち/地震/グロウパンチ
持ち物:ガルーラナイト


445 ガブリアス XY
特性:鮫肌
性格:陽気
努力値:4-252-0-0-0-252
技構成:逆鱗/地震/身代わり/剣の舞
持ち物:ラムの実


094 ゲンガー XY
特性:浮遊
性格:臆病
努力値:4-0-0-252-0-252
技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/マジカルシャイン/道連れ
持ち物:気合いのタスキ


バトルハウスで連勝しまくりBPを稼ぐパーティ。所謂テンプレです。
「ガルガブゲン」と呼ばれるこの3体の組み合わせは「1戦1戦を素早く終わらせられる」「安定性がある」とかなりの評判で、
このパーティで500連勝、600連勝を成し遂げたという報告例もあるんだとか。


僕もこのガルガブゲンを育成し運用してみましたが確かに滅茶苦茶強いですね~。というかメガガルーラが強いwww
先発のメガガルーラで3タテした試合も少なくありませんね。


ガルガブゲンについて紹介しているサイトによっては、メガガルーラの悪技枠は不意打ちと噛み砕くの選択になっていたりもしますが僕は不意打ち一択だと感じています。

不意打ちを撃つ相手は
(a)マフォクシー、エーフィ、フーディン等の「メガガルーラより速いエスパータイプ」(だいたい1ターンで倒せる)
(b)ゲンガー、ゴルーグ等の「ゴーストタイプ」(デスカーン等一部はガブに交代で対処。詳しくは後述)
(c)滝登りフローゼル、岩雪崩アーケオス、アイアンヘッドアイアント等の「メガガルーラより速い怯み技持ち」

という感じです。

噛み砕くの場合、(a)もまぁそうなのですが特に(C)の対処が非常に厄介なのがお分かりいただけるでしょうか。
フロンティアクオリティならぬハウスクオリティでガブ・ゲンもろともぶっちぎられる可能性が十分にあります。

不意打ちを採用している理由は「悪タイプの技だから」だけではなく「先制技だから」というのもあるのです。
不意打ちを連打する場面もそれなりにあるため残りPPが不安になるかもしれませんが、臆せず突っ張っていくしかありません。


相手の先発によってはガブ・ゲンに入れ替えて対処します。
格闘ポケの場合、ゲンガーに入れ替え格闘技をスカしつつマジカルシャインやら何やらで突破。次に繰り出されるポケモンを道連れでもっていければゲンガーはその試合のMVPです。
ミカルゲやデスカーン、フシギバナ等の面倒な状態異常技を使ってくるポケモンの場合、ガブに入れ替えラムで回復して身代わりを貼り剣の舞の起点に。


もちろん光の粉やら一撃技やらには要注意。ゴーストタイプや速い準伝説なんかも苦手かな?
意外なポケモンが気合玉や馬鹿力を持っていたりするのでそこんとこも注意。


ガルガブゲンはいかにメガガルーラを大切に扱えるかがカギですね。メガガルーラが瀕死になった時に湧き出る不安感ヤバイ。



【技の習得経路】
恩返し………技マシン27
不意打ち………Lv.49
地震………技マシン26
グロウパンチ………技マシン98

逆鱗………ガルーラ(Lv.46)、ミニリュウ(Lv.55)等から遺伝 or BW2教え技(緑10)
地震………技マシン26
身代わり………技マシン90
剣の舞………技マシン75

シャドーボール………技マシン30
ヘドロ爆弾………技マシン36
マジカルシャイン………技マシン99
道連れ………Lv.40(ゴース)→Lv.50(ゴースト、ゲンガー)




伝説ポケモン厳選要員

550 バスラオ XY

特性:型破り
性格:お目当ての伝ポケに合わせて適宜調整(重要なのは「Sへの干渉の仕方」であってそこ以外はどうでもいい)
努力値:お目当ての伝ポケに合わせて適宜調整(HとS)
技構成:命懸け/居合切り/波乗り/滝登り
持ち物:不問(敢えて言うならば光の粉)


伝説のポケモンの厳選をサポートするポケモン。
XYでは伝説のポケモン(厳密に言うと「タマゴ未発見グループ」のポケモン)は最低でも3V確定保証という仕様なので今迄と比べるとだいぶ楽にはなっていますが、
ただ闇雲に捕まえては個体値確認→リセットを繰り返すのはなかなかキッツイですよね。

という訳で、伝説のポケモンの個体値を戦闘の段階からある程度吟味出来るよう工夫した要員を考案してみました。


特性・型破りは「戦闘に出ると当時にテロップが流れる特性」を持つポケモンが一度に複数戦闘に出た場合、S実数値が高い順に流れる
という仕様を利用するためです。S個体値吟味のサポートです。

例えば、S個体値Vで臆病のゼルネアスを捕獲したい、というシチュエーションを想定してみましょう。
臆病Lv.50で個体値Vの時のゼルネアス、つまり野生最速ゼルネアスのS実数値は130になります。
そこで、こちらは野生最速ゼルネアスよりも1だけ遅い、S実数値129のバスラオを用意します(勿論、瀕死にした臆病シンクロ要員もお忘れなく)。


そうすれば、戦闘開始時に
バスラオの型破りの方が先に表示された→ゼルネアスは最速じゃない、リセット
ゼルネアスのフェアリーオーラの方が先に表示された→ゼルネアスは最速の可能性あり、捕獲を狙う
という風にS個体値の吟味がスピーディーに出来るようになるのです。

一応、お目当てのポケモンが「即テロップ表示系特性」でなくても技を撃つ順番でSの判別自体は出来はします。
ただ、その場合先手を取られる→攻撃技を喰らうというリスクを抱える事になるので、後述の命懸けを利用した厳選との両立が難しくなりそうなんですよね。光の粉で対抗してみる?




命懸けはH個体値吟味のサポートです。
改めて確認しておくと、命懸けは自分の残りHPをそっくりそのまま固定ダメージとして相手に与えるという技です。

例えば、H個体値Vのゼルネアスを捕獲したい、というシチュエーションを想定してみましょう。
Lv.50で個体値Vの時のゼルネアスのH実数値は201になります。
そこで、こちらはそのようなゼルネアスよりも1だけ低い、H実数値200のバスラオを用意します。


そうすれば、戦闘で命懸けを撃った後に
ゼルネアスが倒れる→H個体値はVじゃない、リセット
ゼルネアスがギリギリ耐える→H個体値がVの可能性あり、捕獲を狙う
という風に捕獲する前からH個体値を吟味する事が出来るのです。ついでにスピーディーなHP削りにもなっていて一石二鳥なんですよね。


さらに、もしも今後の作品で「ゴーストタイプの伝ポケ」を捕まえる機会が訪れたとしても一応大丈夫です。
なんとバスラオ君、レベルアップで水浸しを習得出来ます。お前……なかなか有能じゃないか……。
「水浸しを撃ったターンに攻撃喰らってHP削れたら調整が台無しじゃねーか」という意見はごもっともですが、そこんとこはご自分で何とかフォローしてください((




そして残り3つの技枠は全て秘伝技。そう、バスラオは秘伝要員も兼任出来るのです。
周回プレイではかなりありがたみがありますよね。XY自体はあまり周回向きのゲームではありませんが
ちなみに残りの秘伝技(というか移動技?)は全てルチャブルでまかなえます。空を飛ぶ/怪力/岩砕き/穴を掘る という構成ね。


お目当ての伝ポケ毎に別個体を用意しなければならないという面倒くささはありますが、なかなか良い感じではないでしょうか。
実を言うと、この要員だけは実際に試してみるのがこれからなので机上の空論になる可能性もなくはないのですが…。まぁきっとこの通り活躍するでしょう((


11月に発売されるというORASでもこのノウハウは役立つかもしれませんね。



【技の習得経路】
命懸け………Lv.50
水浸し………Lv.32







235 ドーブル 6thトップページにもどる235 ドーブル 6th







ポケットモンスターシリーズ・攻略ブログ
スポンサーサイト
  1. 2014/02/02(日) 12:31:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。