つれづれな日 ポケモンXY さかさバトル考察
主にポケモン。初代・金銀の開発史考察多し。
QLOOKアクセス解析
未分類RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポケモンXY さかさバトル考察

XYどころか3DSすらまだ買ってないのに第6世代の考察記事を書く奴がいるらしい

「ポケモンXY」に登場した新しいバトル形式、さかさバトル

炎技→水ポケが抜群になったり、炎技→草ポケがいまひとつになったり…といった風にタイプ相性が逆転してしまうという非常に特殊なバトル形式です。
電気技→地面ポケのような無効は抜群になります。

このバトルが出来るのが、とある場所にいるとあるトレーナーとだけでしかも1日1回というのが惜しいところ。
今後何らかの形で対人戦でも実装される事を望みます。


当記事では、今後対人戦でもできるようになるだろうという期待の気持ちを込めながらさかさバトルの考察をしていきます。
…結構評判いいし、「スペシャルバトル」や今後発売されるであろうZバージョンなんかでも実装されそうな気がするんですよね。
増田さん、スカイバトルの評価はあんまりよろしくないようですよ




※全体的にさささっと書いた記事なのでお門違いな記述が結構あるかもしれません…w



さかさバトル版タイプ相性表

さかさバトル版タイプ相性

…取り敢えず、この表を作り終え一通り眺めてみた際の僕の印象を。

1.ノーマル強すぎwwwwwwwwwwwwwwww
2.鋼弱点多すぎwwwwwwwwwwwwwwww




まぁ大抵の方がまず真っ先にそう思うでしょうね。



ノーマルタイプについて

ノーマル技は岩、鋼、霊に抜群でそれ意外は全て等倍という無茶苦茶な範囲です。防御面も弱点が霊のみとなかなか優秀。
唯一弱点を突けるゴーストタイプの技は軒並み威力が低めというのもその強さに拍車をかけそうですね。
おまけにノーマル技は、「弱点を突く事ができない」がためにその存在を許されていたような性能のポケモンや技がいくつかあるのがまた厄介なんですよね。

具体的に言うとカビゴンやラッキー、ハピナス、ポリゴン2、ポリゴンZ、ケッキングとか。タイプ一致技がノーマルだからこそ許されているような極端な性能を持ったポケモンが多いのです。
そういえば今作で「強い」と話題のメガガルーラもノーマル。もはやアブノーマル集団ですね…。

技は大爆発とか神速とか。あと一応破壊光線やギガインパクトもその類か。

そして何よりXYで新たに登場した特殊技爆音波も凄い。
威力140とかなり高いにも関わらず自身へのデメリット要素が皆無です。
反動ダメージも特攻ダウンも無いんです。その上、今作からは音系の技は身代わりを貫通するという仕様になっています。
これはブッ壊れ性能と呼ばずにはいられませんわ…。
もしかしたら特性:防音のポケモンの需要が上がるかも。

敢えて例えて言うならば鋼タイプが存在しない世界線の第5世代環境のドラゴンって感じですかね…?(意味不明)



鋼タイプについて

さかさバトル下の鋼タイプは耐性がとても悲しい事になっています。
18種類あるタイプのうち11種類が効果抜群。これはひどい。
もしも悪やゴーストが等倍になっていなかったら…と思うと更にゾッとしますね。

攻撃面はまぁ悪くない感じですが、防御面があまりにもひどすぎるので鋼タイプの技は使われる事はあっても鋼タイプのポケモンはあまり使われないでしょうね。
「鋼タイプを持っている」というだけでパーティへの投入が避けられるレベルですよこれ…w

一応、今作で新たに登場した新アイテム弱点保険(効果抜群の攻撃技を受けると攻撃と特攻がそれぞれ2段階ずつアップ)を発動させやすいという
メリットもありますが…。うーむどうなんでしょうねwww



タイプ相性に干渉する道具や特性

※僕自身はXYを持ってないので、以下の記述はほぼ全てフォロワーさん(Twitterのお友達)に検証していただいて得た情報です。本当にありがとうございます。



さかさバトル下では、タイプ相性に干渉する道具や特性もちゃんと逆転して発動します。
検証済みな奴は弱点保険、半減実、危険予知、不思議な守り、ステルスロックの刺さり具合です。
ハードロックやフィルターは未検証ですが…まぁたぶん対応してるでしょうね。


ちなみに「電気タイプは麻痺状態にならない」「鋼タイプは毒状態にならない」等のいわゆるタイプ耐性はそのままです。
こういうのは「通常のタイプ相性」と関連付けて認識している事が多いでしょうから混同しないように注意しなければなりませんね。

もちろん、貰い火や貯水などのただ単にある特定のタイプに対して働きかける特性もそのまんまです。



【追記】
ホズの実という木の実があります。
これは一応いわゆる「半減実」のくくりのひとつでノーマル版の奴なのですが、ノーマル技で弱点を突けるタイプは存在しないため
半減実の中でも例外的に等倍やいまひとつでも発動するようになっています(というかまぁそうするしかないし)。

なんとこのホズの実、さかさバトル下においても同様の挙動になります。
要するに岩・霊・鋼以外のポケモンが持っていても発動するという事です。

ノーマル技がばんばか飛んでくるであろう環境において、その暴走を多少なりとも抑えうる要因になりえそうですね…!



あと、フリーズドライも。
これは「水タイプのポケモンに撃つと“こうばつぐん”になる」という特殊な判定が行われる、威力70の氷タイプの特殊攻撃技ですが…。
さかさバトル下ですと氷技→水ポケはそもそも最初から抜群になりますよね。

はてさて、さかさバトル下で水ポケにこの技を撃つと一体どうなるのかというと…。他の氷技たち同じように、普通に“こうかばつぐん”になりました。
この結果から鑑みるに、どうやら上記のような特殊な判定は無いものとされ、何の変哲もない平凡な技と化すようです。
…微妙だな!



複合タイプの相性を考察してみよう


さて、これらの知識を踏まえた上でちょっと複合タイプの相性についても考えてみましょう。
ポケモン対戦考察wiki、あるいはネタポケまとめwikiが見やすいのでオススメです。

例としてガブリアスの耐性を確認してみます。メガガブの種族値なんなんだよコレ…
例1

さかさバトルのタイプ相性を確かめたい時は「こうかなし」のタイプを「いまひとつ」に置き換えてから文字通りひっくり返せばOKですね。

つまり、こういう事になります。

ガブリアス in さかさバトル
×4…電気
×2…炎、毒、岩
×1/2…竜、フェアリー
×1/4…氷


地面は無効、ドラゴンは半減だったので電気は4倍弱点になります。
ソクノガブなんてのが見られるかも?

ちなみにタイプ相性が逆転した関係上地面タイプに電磁波が効くようになるので一応要注意。



これを考えると、貰い火なんかはなかなか面白い事になってる気がします。
特性:貰い火を持つポケモンの大半(というか全員?)は炎タイプ。
つまり、さかさバトル下だと弱点となるタイプをひとつ消せる上に自身のタイプ一致技の火力アップができるのです。

逆に、肝っ玉は実質死に特性と化している…のでしょうかね。






果たしてさかさバトルは対人戦に実装化されるのでしょうか…。
まぁ実装化されたところでノーマル技を数値受けするゲーム臭は否めませんが




M115 メガガルーラトップページにもどるM115 メガガルーラ





ポケットモンスターシリーズ・攻略ブログ
スポンサーサイト
  1. 2013/11/03(日) 01:31:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。