つれづれな日 ポケモン開発史考察 初代編 #03 ポケモンカードに見る「没設定」
主にポケモン。初代・金銀の開発史考察多し。
QLOOKアクセス解析
未分類RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポケモン開発史考察 初代編 #03 ポケモンカードに見る「没設定」

初代ポケモン「赤緑」と初代ポケモンカードゲームは同時並行で開発されていました。
そのため、ゲームの製品版では没になってしまった設定がカードには残ったまんま、となっている可能性も高いのです。
そういう理屈で、カードゲームはある意味初代ポケモンの開発時代の仕様の変遷を考察する際の資料に成りうるのです。

当記事では、タイプ相性に特にスポットライトを当ててみたいと思います。






まず、カードにあまり馴染みが無いという方のためにも「カードでのタイプ相性の基礎知識」の紹介を。
「抵抗力」は、ゲームでいう無効(こうかが ない みたいだ…)をカードで再現したものと考えてください。




01草エネルギー草タイプ
カードサンプル01草改改

・ゲームでいう草、虫、毒タイプにあたるポケモンに割り当てられる。

・草、虫にあたるポケモンには02炎エネルギーハーフが、毒にあたるポケモンには05超エネルギーハーフがそれぞれ弱点に設定されている。(炎技→草ポケ:抜群 炎技→虫ポケ:抜群 エスパー技→毒ポケ:抜群 の再現か)

・ストライクやズバット等、一部のポケモンには06闘エネルギーハーフ@が抵抗力に設定されている。(地面技→飛行ポケ:無効 の再現か)



02炎エネルギー炎タイプ
カードサンプル02炎改

・ゲームでいう炎タイプにあたるポケモンに割り当てられる。

03水エネルギーハーフが弱点に設定されている。(水技→炎ポケ:抜群 の再現か)
 伝説の特権という事なのだろうか、ファイヤーだけは例外で弱点が無い。

・抵抗力を持つポケモンは基本的に存在しないが、リザードンとファイヤーには06闘エネルギーハーフ@が抵抗力に設定されている。(地面技→飛行ポケ:無効 の再現か)



03水エネルギー水タイプ
カードサンプル03水改

・ゲームでいう水、氷タイプにあたるポケモンに割り当てられる。
 …と言っても、第1世代では氷タイプのポケモンはフリーザーとルージュラ以外全て水複合で、しかもルージュラはカードでは05超エネルギーハーフに割り当てられている。
 フリーザーが03水エネルギーハーフになったのはパルシェンやラプラスなんかにつられてきただけと考えても特別支障は無い。

01草エネルギーハーフまたは04雷エネルギーハーフが弱点に設定されている。(草技→水ポケ:抜群 電気技→水ポケ:抜群 の再現か)
 ほとんどは04雷エネルギーハーフ弱点で、01草エネルギーハーフ弱点はニョロモ系など少数。この違いは一体どういう基準で決められたんだろうか…。
 伝説の特権という事なのだろうか、フリーザーだけは例外で弱点が無い。

・抵抗力を持つポケモンは基本的に存在しないが、ギャラドスとフリーザーには06闘エネルギーハーフ@が抵抗力に設定されている。(地面技→飛行ポケ:無効 の再現か)



04雷エネルギー雷タイプ
カードサンプル04雷改

・ゲームでいう電気タイプにあたるポケモンに割り当てられる。間違われやすが、カードでの呼称は04雷エネルギーハーフ雷(かみなり)

06闘エネルギーハーフ@が弱点に設定されている。(地面技→電気ポケ:抜群 の再現か)
 伝説の特権という事なのだろうか、サンダーだけは例外で弱点が無い。

・抵抗力を持つポケモンは基本的に存在しないが、サンダーには06闘エネルギーハーフ@が抵抗力に設定されている。(地面技→飛行ポケ:無効 の再現か)



05超エネレギー超タイプ
カードサンプル05超

・ゲームでいうエスパー、ゴーストタイプにあたるポケモンに割り当てられる。

・エスパーにあたるポケモンには05超エネルギーハーフが弱点に設定されている。(ゴースト技→エスパーポケ:抜群 の再現か)
 ゴーストにあたるポケモンには弱点が無い。

・ゴーストにあたるポケモンには06闘エネルギーハーフ@が抵抗力に設定されている。(格闘技→ゴーストポケ:無効 の再現か)


06闘エネルギー@闘タイプ
カードサンプル06闘改

・ゲームでいう格闘、地面、岩タイプにあたるポケモンに割り当てられる。

・格闘にあたるポケモンには05超エネルギーハーフが、地面、岩にあたるポケモンには01草エネルギーハーフが弱点に設定されている。(エスパー技→格闘ポケ:抜群 草技→地面ポケ:抜群 草技→岩ポケ:抜群 の再現か)

・地面にあたるポケモンには04雷エネルギーハーフが抵抗力に設定されている。(電気技→地面ポケ:無効 の再現か)
 また、プテラには06闘エネルギーハーフ@が抵抗力に設定されている。(地面技→飛行ポケ:無効 の再現か)



07無エネルギー無タイプ
カードサンプル07無改改

・ゲームでいうノーマル、飛行、ドラゴンタイプにあたるポケモンに割り当てられる。

・ノーマルにあたるポケモンには06闘エネルギーハーフ@が、飛行にあたるポケモンには04雷エネルギーハーフがそれぞれ弱点に設定されている。(格闘技→ノーマルポケ:抜群 電気技→飛行ポケ:抜群 の再現か)
 ドラゴンにあたるポケモンには弱点は無い。

・ノーマル、ドラゴンにあたるポケモンには05超エネルギーハーフが、飛行にあたるポケモンには06闘エネルギーハーフ@がそれぞれ抵抗力に設定されている。(ゴースト技→ノーマルポケ:無効 地面技→飛行ポケ:無効 の再現か)



さてさて、カード特有の感覚といったモノがなんとなく掴めたでしょうか。



…ゲームのポケモンを遊んだ方、とりわけ初代の経験者の方なら何点か違和感に気付いたでしょう…。

上記の「基礎知識」や例として挙げたカードたちにはゲーム版との食い違いがいくつか存在します。
ちょいと確認してみましょう。



1.エスパーにあたるポケモンの05超エネレギー弱点
カードフーディン

(ゴースト技→エスパーポケ:抜群 の再現か)なんてさらっと書いちゃいましたけど、皆さんも知っている通り初代ではゴースト技→エスパーポケは無効です。
これが抜群に修正されたのは金銀から。

…もともと初代でもこのタイプ相性は抜群にするつもりだったけど、設定ミスで無効になっちゃった。ってのはわりかし有名なエピソードですかね?
まぁそのエピソードにさらに真実味を加える証拠材料のひとつ、という事で。

まさかこんなところにも設定ミスだったという痕跡が残ってるとはねぇ…。



2.ドラゴンタイプにあたるポケモンの05超エネレギー抵抗

05超エネルギーハーフはゲームでいうエスパー、ゴーストタイプ。ミニリュウがその05超エネルギーハーフに抵抗力を持っているというのは明らかにおかしいですよね。

…実は、コレに関しては「ゲームの開発段階の没設定の名残り」とは考えづらいです。というかなーんでこんな事になったのかてんで予想がつかない…w
「ノーマルポケは05超エネルギーハーフ抵抗にするけど、ついでにドラゴンもそうしちゃおうか?」みたいなノリだったのかな?(適当)


カードドラゴン

ちなみにハクリューも同じく05超エネルギーハーフ抵抗ですが、カイリューは06闘エネルギーハーフ@抵抗です。これは飛行タイプがついたからでしょうかね。



3.レアコイルのじばく

…タイプ関係無いですねハイ。スミマセン。いやでも、これもかなり興味深い話題なんでちょっと触れさせてください。

カードレアコイル
カードでは「じばく」という技を持っていますが…。初代ではコイル系列は自爆や大爆発を習得する事は出来ませんでした。
というか、こいつらが爆発系の技を使えるようになったのはダイヤモンド・パールからです。これ重要。


そして、こちらの画像もご覧下さい。
カード爆発ネタ

さっき挙げたレアコイルのカードと、これら5枚の計6枚。
初代ポケモンカードゲーム前期の拡張パックに収録されていたコイル系列・ビリリダマ系列のカードはこの6枚で全てです。
(わるいポケモンやジムリーダーのカードが収録された拡張パックは「後期」なのでここでは除きます)

…これ、明らかにおかしいですよね。
ゲームでは「爆発技の代名詞」と言ってもいいビリリダマ系列がカードでは一切それらしき技を持っていません。
逆に、ゲーム版では自爆も大爆発も覚えないコイル系列がカードでは何故かしょっちゅう爆発していますね。


…この矛盾を見て、こんな仮説が立てられないでしょうか?

「爆発するキャラ」ポジションのポケモンは、開発段階ではビリリダマ系列ではなくコイル系列の予定だったのではないか?

もちろん推測、というか妄想に過ぎませんが…。うーん気になりますねぇ。



4.ニドクインの抵抗力

資料疑惑2

この記事の最初の方でも触れていたように、「抵抗力」はゲームでいう無効(こうかが ない みたいだ…)をカードで擬似的に再現したものです。

…だとしたら、毒・地面タイプのニドクインもカードでは04雷エネルギーハーフに抵抗力を持っているべきですよね…?リザードンが06闘エネルギーハーフ@に、ラッキーが05超エネルギーハーフにそれぞれ抵抗力を持っているように。


「抵抗力を持つべきタイプなのに与えられていない」ポケモンカードは他にも存在します。

雷抵抗力無い組

イシツブテやイワークは皆さん知っての通り岩・地面。なのに04雷エネルギーハーフへの抵抗力がありません。


雷抵抗力無い組2
イシツブテの進化後のゴローンやゴローニャ、あとニドクインと同じ毒・地面であるニドキングも同様です。不思議ですね…。





実は、この4つ目の食い違いには初代ポケモンの没設定ネタの中でも一、二を争うほどのどでかい規模の謎が隠されているのです。



…流石に長くなりすぎたのでこの記事はこの辺で締めておきます。抵抗力の謎はまた別の記事でじっくりと触れるので。




ポケモンカードGBトップページにもどるポケモンカードGB






ポケットモンスターシリーズ・攻略ブログ
スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 15:44:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。