つれづれな日 ポケモン開発史考察 初代編 #01 タイトル画面の選ばれし16匹
主にポケモン。初代・金銀の開発史考察多し。
QLOOKアクセス解析
未分類RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポケモン開発史考察 初代編 #01 タイトル画面の選ばれし16匹

初代タイトル画面

初代ポケモンのタイトル画面。
主人公の横にいるポケモンがランダムでグルグルローテーションするのが印象的ですが、
実はこの画面に登場するポケモンは16匹しか設定されておらず、しかも赤緑青それぞれで微妙にメンツが異なっているのです。

今回はこの画面に登場する“各バージョンの選ばれし16匹”の紹介、そしてなぜこのメンツなのかという考察をしていきます。





選ばれし16匹たち

タイトル画面メンツ


うーむ…。
タイトル画面に顔出しをするにふさわしいポケモンもいますが、「おまえはお門違いだろ…」と思わずにはいられない奴もちらほら。
「コンビの印象が強いのに相方は選ばれなかったのかよ!?」なんてのも。

ちょいと難癖付け理由付けを深読みしてみましょう。




選考理由

納得 1 フシギダネフシギダネ4 ヒトカゲヒトカゲ7 ゼニガメゼニガメ  
この3匹に関しては最早疑いの余地は無いでしょう。
オーキド博士から貰える最初のポケモン、所謂「御三家」です。


納得 13 ビードルビードル32 ニドラン♂ニドラン♂123.pngストライク 
       10 キャタピーキャタピー29 ニドラン♀ニドラン♀127 カイロスカイロス 
この辺も割と妥当なチョイス。
それぞれ、赤or緑で出現率の高低に差を設定されていたりどちらか片方でしか出現しなかったりという「対の存在」ですから、赤緑………
ふたつのバージョンの違いを表現する要素のひとつと言えましょう。


疑問 17 ピジョンピジョン 
絶妙に微妙な人選(ポケ選?)だなぁ…w
一応ライバルが最終戦でピジョットを繰り出してはくるもののあくまでそれはピジョットだし、「序盤でよくお供として連れられる事が多い」という意味合いにしてもポッポですからね…。
何故中段進化形態のピジョンなんだ…!?


納得 25 ピカチュウピカチュウ 
赤緑開発当時は今のようにピカチュウがやたら特別扱いされてる訳ではありませんでしたが(むしろそのポジションはピッピが担っていた可能性が高い)、
トキワの森に出現する唯一の非虫ポケ、序盤で出会える可愛らしいポケモンとして一応強烈な個性を放つ存在ではありました。なのでまぁ納得…かな?


疑問 26 ライチュウライチュウ 
何故進化したし。


納得 35 ピッピピッピ 
作中のNPCたちがやたらと「ピッピはかわいいポケモン」発言をしますしピッピ人形なんてアイテムもあります。
さらに言えばお月見山に非常に低い確率で出現するレアなポケモンであり、自身の手持ちアイコンのモデルにもなったと思われます。
開発陣がプッシュしたがっていたであろうポケモン、タイトル画面に登場するのも十分納得できますね。
そのピッピアイドル化計画はコロコロの某漫画のおかげで粉々に砕け散るのですが


疑問 37 ロコンロコン44 クサイハナクサイハナ56 マンキーマンキー106 サワムラーサワムラー135 サンダースサンダース 
僕がこのポケモンたちを「疑問」にしたのは、こいつらが「2~3匹のセットで扱われるべき存在」だからです。…「顔ぶれ自体がなんか地味」っていうのも少なからずありはしますが。
ロコンはガーディと、クサイハナはウツドンと、マンキーはニャースと、サワムラーはエビワラーとそれぞれ対をなす存在です。サンダースに関しては言わずもがな。
片割れ放ったらかしってどうなのよ…と思わずにはいられません。
というか、後で気付いたのですがロコンとマンキーに至っては青版には出現しません。なんで出てこない方をタイトル画面に出すんだよwwwwwwwwwwwww


納得 60 ニョロモニョロモ 
「ポケモンの生みの親」田尻智さんのお気に入りのポケモンとして有名なので納得っちゃ納得。
開発現場の最高責任者である田尻さんがえこひいきしてこっそりメンバーに加えていたとしてもまぁ不思議じゃないですね。


納得 63 ケーシィケーシィ 
テレポートですぐ逃げる上に素早いもんだから捕まえるのにかなり苦労するポケモン。出会うや否やすぐにボールを投げるしか策はねぇ!…なんて経験を持つプレイヤーは多いでしょう。
そして捕まえたはいいものの、そのテレポートしか使えずバトルじゃてんで役に立たない。それでも頑張ってユンゲラーに進化させ念力を習得させると、今度は一転めちゃくちゃ強い。
…と、非常に個性が強い(というかアクが強い?)ポケモンです。
なのでタイトル画面に顔を出すに十分ふさわしいポテンシャル(?)だと思います。


疑問 77 ポニータポニータ  84 ドードードードー 
こいつらもよく分からないな…。
ファンの方には大変申し訳ないのですが、これといって個性的な要素が特に無いんですよねこの子ら。
それぞれニョロモと同じような感じでスタッフの中に熱烈なファンがいたのでしょうか?


納得 92 ゴースゴース 
初代当時はゴーストタイプのポケモンというとこのゴース系列しか存在しませんでした。
ポケモンタワーで「ゆうれい」として登場し、かの有名な名言「タチサレ…タチサレ…」を放ったり祈祷師にとり憑いたりと個性抜群です。


疑問 94 ゲンガーゲンガー 
何故進化したし。
通信交換が出来ないプレイヤーのために姿だけでも拝ませるためなのかとも思いましたが、
ゲンガーはキクコが使ってくるし、カイリキーはシバが、フーディンはナツメやライバルがそれぞれ使ってくるのでその選考理由ならばゴローニャの方が適任ですね。
初代ではゴローニャを使ってくるNPCが一人もいないんですよ…。
まぁでもゲンガーは最終進化形態にしては珍しく可愛らしい容姿なのでスタッフ内に熱烈なファンがいそうな気も。


納得 95 イワークイワーク 
1番目のジムリーダー・タケシの切り札。
選んだ御三家によっては大苦戦を強いられる、ある意味「最初の壁」とも言えなくもない存在です。
「こいつの姿をよ~く目に刻んでおけよ?」的な“注意喚起”のニュアンスを感じます(深読み)


納得 112 サイドンサイドン 
人によっては「微妙なチョイス」と感じるかもしれませんが僕は納得です。何故ならサイドンが内部データ番号01のポケモン、
すなわち最初にデータが作られたポケモンだからなのです。
開発初期の資料等でもたびたびその姿を確認出来るあたり、151匹の中でもかなり早い段階で生み出されたポケモンと思われます。
かの有名なバグポケモン・けつばんはサイドンの鳴き声を借りて降臨しますし、「ポケモンスタジアム」で確認するとサイドンの姿で表示されます
“けつばんに最も近いポケモン”という意味合いでも特別な存在です。


納得 113 ラッキーラッキー 
サファリゾーンに出現するレアポケ、入手難易度激ムズ、べらぼうに高いHP、専用技“タマゴ産み”などなど、個性的な要素が非常に多いポケモンです。納得。


納得 129 コイキングコイキング 
現金で購入する事が出来たり、ボロの釣り竿でコイツしか出なかったり、ポケモン図鑑でやたらとディスられていたり、そしてなにより進化後とのギャップが凄まじかったりと
良くも悪くも非常に個性的なポケモンです。


納得 132 メタモンメタモン 
こいつ以上に個性的なポケモンが他にいるか!?wwwwww …というレベルですね最早。


納得 137 ポリゴンポリゴン 
入手手段がゲームセンターの景品のみという強烈な個性を持つポケモン。
ポリゴンというとそれ以上にテレビアニメのあれの方が強烈な気もしますが、あれは青版の登場よりだいぶ後の話なので関係ないです。関係ないってば!
余談ですが、開発中田尻さんが周りからやたらと「これからの時代はポリゴンだよ~」と聞かされていたのに影響されこのポケモンが生み出された………なんてエピソードがあったとか。


納得 142 プテラプテラ 
化石ではなく琥珀から復活する、ニビの博物館で展示されている、自称ドラゴン使いのワタルがパーティに入れている等個性の強いポケモンです。
そういえばなんでコイツだけ「カセキ」じゃなくて「コハク」なんでしょうね…?


納得 143 カビゴンカビゴン 
3鳥やミュウツーとは違い戦わないとシナリオが進まないシンボルエンカウントです。
また、当時最も体重が重いという点においても特徴的でしょう。





納得できるポケモンの方が多いのですが、やはりそうでない奴らのチョイスが謎すぎますね…。

皆さんはどう考えますか?
「スタッフの中に熱烈なファンがいた」はナシでwwwwwww










追記

“選ばれし16匹”の顔ぶれを眺めてると、「なんでアイツは選ばれなかったんだ…!?」と思ってしまうようなポケモンも浮かんできますね…。



「当時そのタイプ唯一の進化系列」でゴースがいるのだから同じ境遇のミニリュウも適任じゃないかなーと思います。
赤緑ミニリュウ
ミニリュウはサファリかゲーセンでしか手に入らない地味にゲットしづらいポケモンなのでチラ見せしてもいいんじゃあないかな?


あと、赤緑間の違いを意識するならばエレブーバーも欲しい。エレブーバーって言い回し地味に気に入っています
赤緑エレブーバー


「作中でパーティに入れてるNPCが誰もいない」という事でゴローニャも是非加えたい。
通信が出来ないプレイヤーの場合姿を見る事すら出来ない訳ですからせめてタイトル画面で…という謎配慮。
赤緑ゴローニャ

また、サファリでしか手に入らない「珍しくて強いポケモン」としてケンタロスも。
赤緑ケンタロス


青版では、エレブーバーとの対比でルージュラを入れたいかな。
青ルージュラ

それにサンダースだけをチョイスしてシャワーズとブースターをハブるくらいなら最初っからイーブイにしとけよと。
青イーブイ

あと青版というと個人的にゴルバットも提案したいですね。
青ゴルバット






まぁ、こんな事考えて何になるんだって話ですが。













またまた追記

「そういえば初代ポケモンって、エンディングでもポケモン達が流れる演出あったなー」とふと思い出しました。

…はい、これも調べてみましたよ…w
タイトル画面とは違って今度はピカチュウバージョンも調査対象に含まれるのでそちらもちゃんと調べてました。
こちらです。


エンディング






全く意味がわからない…(困惑)


赤緑青版全てメンツは共通。ピカ版も最後にゲンガーが追加されているだけでそれ以外は全く同じメンツ。
というか一部タイトル画面にも出演していた奴もちらほらいますね。

もちろんグラフィックは各バージョンのものです。…マジでなんなんだこれ…www




タイトル画面の16匹にも通ずる考えかもしれませんが、エンディングの人選…ならぬポケ選について考えてみました。

まず最初に頭に浮かんだのは各スタッフの好きなポケモンを1匹ずつ登場させた説ですがこれは正直怪しいですね。
というのも、田尻智さんのお気に入りのニョロモ増田順一さんのお気に入りのコダックがいないからです。
ニョロモはタイトル画面に出ているからまぁわからんでもないですが…。
「ポケモン制作チーム」の中でも中心的なメンバーのお気に入りポケモンが最終進化形態すらでもいないのでこれは却下かなぁ。

次に思いついたのは
タイトル画面と同じように皆なにかしらの特徴・個性のもと選ばれた説くじ引き説のふたつなのですが…。

前者は考えづらい。
そもそも前者ならフシギバナだけでなくリザードンとカメックスも採用するはずですし、何よりメンツが微妙…w
というかサワムラーやオムスターなんかは片割れ放ったらかしじゃないか…。

…となると、やっぱりくじ引き説が有力説でしょうかね?(思考放棄)


いずれの説にしてもピカ版でゲンガーが追加された理由が説明できない件




当記事の冒頭にも貼った画像をもう一度見ていただきたいのですが、
ゲームボーイソフトが遊べるスーファミの周辺機器「スーパーゲームボーイ」やニンテンドウ64の「ポケモンスタジアム」シリーズの一機能「GBビル」「ドードーGB」「ドードリオGB」で
ポケモン赤緑青をプレイすると、周りにこんな感じのフレームが現れます。

青版はまぁ安直というか安牌というか…要するに御三家なのですが、赤緑版はなんだかよくわからんメンツが揃っていますよね。

…当初はこのメンツについても考察してみようかとも思っていましたが、流石にやめておきます()





歩く主人公くんトップページにもどる歩く主人公くん






ポケットモンスターシリーズ・攻略ブログ
スポンサーサイト
  1. 2013/09/23(月) 17:20:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。