つれづれな日 2013年06月
主にポケモン。初代・金銀の開発史考察多し。
QLOOKアクセス解析
未分類RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポケモンのタイプ相性についての考察・解釈 その2

その1の続き。概要とかはそっち参照。

タイプ相性

まず前回僕が仮定していた「タイプ相性における“特例”」についてもう一度。

特例1
同タイプ同士の相性は、技の分類(物理・特殊)がタイプに依存していた時代において
物理だったタイプは等倍が、特殊だったタイプは半減がデフォ。
例外は4つのみ。

同タイプ同士の相性はこの仮説を立てるとだいぶスッキリする気がします。
なんで物理・特殊で違うのかはよくわかりませんが((


特例2
ドラゴンタイプは御三家+ピカチュウのタイプ(草・炎・水・電)の技に耐性をもつ。

この4つは「RPGでよくある4大属性」とした方がいいのかもしれませんが、敢えてこういう表現にしておきますw
というか「RPGでよくある4大属性」ってどちらかと言えば水・火・風・土のような気も('ω') 炎でなく火なのがミソ
水+風で吹雪、水+土で森林、火+風で稲妻、火+土で爆裂…なーんてゲームを昔やってた思い出があります。

こういうのって中世ヨーロッパに実際にあった考え方が元ネタなんでしょうかね。
そういえばポケモンのタイプ相性って中国の五行説とかと噛み合っていそうで実際はそうでもないんですよねぇ。


あと、これも。
特例3
鋼タイプの耐性は半減がデフォ
特にこれといった理由・解釈が入り込まない場合は半減でいく

こうでもしないと逐一考察するのがめんど…というか後から追加されたタイプなので、
バランス調整が第一でイメージとかは二の次なのかもしれませんね(身も蓋もない暴論)

また、特例1「元々物理技だけだったタイプは同タイプ同士は等倍はデフォ」との兼ね合いで矛盾が発生して
しまいますが、この特例3を優先という事で((



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/06/20(木) 00:04:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポケモンのタイプ相性についての考察・解釈 その1

2013年6月上旬、新作「ポケモンXY」で新しくフェアリーというタイプが登場すると公式でアナウンスされました。
「ドラゴンに強い」という事で今なおポケモンユーザーは大騒ぎですw
また、海外からのリークで真偽はもちろん不明ですがフェアリーのタイプ相性の情報が入ってきた事でタイプ相性に関する雑談や議論をネット上でよく見かけるようになりました。

ここで、改めてタイプ相性に関して僕なりに考察というか、なんでこういう因果関係なのかというのを好き勝手考えてみました。難癖つけてやろうぜとかそういうつもりはないです((
タイプ相性
ノーマルを無、エスパーを超と表現しちゃうのはたぶんカードの影響ですね…w

始めにひとつ言いたい事があります。同じタイプ同士の相性に関してです。
第3世代までは技の分類(物理・特殊)がタイプに完全に依存していましたよね。その旧分類において、
物理だったタイプは同じタイプ同士は等倍が、特殊だったタイプは半減がデフォなんじゃないかと思っています。
ちなみにその場合、例外は毒、鋼(半減)、霊、竜(抜群)のたった4つです。
この4つには何かしらの強引な解釈()を加えてみるので、それ以外に関しては「同タイプ同士の相性」に関しては言及しない事にします。これもまた後述の「特例」のうちのひとつなのかも。
まぁあくまで仮説ですよコレw



ノーマルタイプ  128 ケンタロス133 イーブイ162 オオタチ474 ポリゴンZ508 ムーランド

<攻撃面>
無技→岩・鋼ポケ 
無技→霊ポケ ×

<防御面>
闘技→無ポケ 
霊技→無ポケ ×

ノーマルタイプのポケモンのメンツを見るからになんとなく「ケモノ」の印象が強いように感じられますが、タイプ相性上では一般人という解釈をするといいかもしれません。
ごく普通の人には岩を砕くような力はありませんし、金属なんか尚更です。氷はいけるのね
格闘タイプの特徴をより強く印象づけるための対比とも取れますがね。

また、ごく普通の一般人には霊感が無いので幽霊に干渉する事ができません。同じように幽霊側も一般人には干渉できない、と。
そもそも幽霊に関心がない・信じていないという解釈もできなくはないかも。
ゴースト技がノーマルには無効なのに格闘には等倍なのは武闘家側のそういう意識の問題の違いから起こるとか?(謎解釈)

格闘技が抜群なのは一般人が武闘家に立ち向かってもボコボコにされるだけという訳で…。まぁこれは分かりやすいですね。



炎タイプ  6 リザードン146 ファイヤー219 マグカルゴ257 バシャーモ479-heat ロトム

<攻撃面>
炎技→草・氷・虫・鋼ポケ 
炎技→炎・水・岩・竜ポケ 

<防御面>
水・地・岩技→炎ポケ 
炎・草・氷・虫・鋼技→炎ポケ 

名前のとおり炎…ですがという解釈もあるといいかも。

攻撃面は燃やす・あるいは溶かすって感じでしょうか。
岩ポケに半減で地面ポケに等倍なのは熱の通りの良し悪しからきてるのかも。岩はそれ自身が元々マグマだったりするので炎には耐性があるとか。
土は熱せられるとボロボロになっちゃいますが、ちょっと炙ると一瞬で乾燥するという訳ではなくある程度の時間燃やし続ける必要があるからですかね?

防御面もわりかしイメージしやすい部類ですね。
水をぶっかけたら火は消えてしまうし、「飛んで火に入る夏の虫」と言うように虫は簡単に焼かれます。ドラゴンの半減はドラゴン自身が火を噴く(=炎を操れる)からとか?
というかドラゴンは御三家+ピカチュウのタイプに耐性をつけようという特例が与えられていると考えた方がしっくりくる気もしますがw

…厳密に言うと初代開発段階ではピカチュウアイドル化計画はまだ起こっていないはず(というかむしろピッピの方がアイドル扱いだった)なのでこの仮説は間違っているんでしょうけどね…w
(※ポケモン 手持ちアイコン調査 初代編の妖精アイコンのくだり参照)



水タイプ  9 カメックス186 ニョロトノ321 ホエルオー382 カイオーガ423 トリトドン

<攻撃面>
水技→炎・地・岩ポケ 
水技→水・草・竜ポケ 

<防御面>
電・草技→水ポケ 
炎・水・氷・鋼技→水ポケ 

水をかけると火は消える。水をかけると砂のお城は崩れ消え去るし、土は泥となり形を保てなくなる。岩は水流による侵食作用で削られる。他にも雨垂れ石を穿つなんて言いますしね。

草との関係性は後述するとして、竜ポケの耐性はもう前述の「特例」でいいんじゃないですかね()
ドラゴンは東洋では河川の象徴ともされるから…なんて深読みもできますけど。

電気との関係について、「純粋な水は電気を通さないじゃないか(怒)」って意見をよくネット上で見かけますけどぶっちゃけ“純水基準”で考えなくてもいいですよね。
だいたい通すとかそういうので(適当)
あと水棲生物という解釈も加えるべきでしょうかね?



電気タイプ  25 ピカチュウ145 サンダー171 ランターン479 ロトム596 デンチュラ

<攻撃面>
電技→水・飛ポケ 
電技→電・草・竜ポケ 
電技→地ポケ ×

<防御面>
地技→電ポケ 
電・飛・鋼技→電ポケ 

電気だけでなく痺れもキーワードになりそうです。

地面ポケに無効なのは電気が地面に流れていっちゃうアースってやつでしょうね。
それと同じで、草タイプも地面に根を伸ばしているから無効まではいかないものの電気を喰らいにくいって感じなんでしょうかね?ゴム(=絶縁体)が植物だからというのもありそう。

逆に、鳥は(基本的に)地に足を着けない→電気を地面に逃せない→飛行タイプにはよく効く、と考えられます。あるいは羽が痺れると羽ばたけなくなるとか。
アニメで「草タイプのキモリは普段電気を地面に逃がしているから電気技はいまひとつだが、ジャンプする時はそれが出来ないから電気技が普通に効く」と説明がされた事があったそうです。

ドラゴンは(以下略)



草タイプ  3 フシギバナ103 ナッシー272 ルンパッパ389 ドダイトス549 ドレディア

<攻撃面>
草技→水・地・岩ポケ 
草技→炎・草・毒・飛・虫・竜・鋼ポケ 

<防御面>
炎・氷・毒・虫技→草ポケ 
水・電・草・地技→草ポケ 

草…というか植物と考えるべきですね…w

草技→水ポケが弱点なのは植物が水を吸い上げるからなんでしょう。いわば飛行技→虫ポケと同じ“食物連鎖”だ、なんて考察してるのを以前どこかのスレで見かけました。
地面には根を張り、岩にはコケを生やすからとか?

虫・飛行は食物連鎖、毒は農薬等による“汚染”を連想させます。炎は、まぁまんま炎ですね。

ド(以下略)



氷タイプ  144 フリーザー365 トドゼルガ378 レジアイス460 ユキノオー473 マンムー

<攻撃面>
氷技→草・地・飛・竜ポケ 
氷技→炎・水・氷・鋼ポケ 

<防御面>
炎・闘・岩・鋼技→氷ポケ 
氷技→氷ポケ 

だけでなく寒さ氷漬け氷河等のワードも連想させるタイプです。

冷害が植物をダメにしたり霜柱が地面を持ち上げたり、羽を氷漬けにされた鳥が飛べなくなったり…とか。
竜との関係性は、氷河期に恐竜が絶滅したからとか伝承でよく氷漬けにされているからとかが考えられます。
というか、ドラゴン=蛇やトカゲ(や恐竜)=変温動物=気温の低下に弱いという解釈でいいですねw

炎は言わずもがな、岩や鋼には流石に硬さ比べで負けてしまうといったところか。そして武闘家にも砕かれる。
水は、前述の水棲生物という解釈を引っ張り出してみると氷点下の深い海にも生息している種はいるため弱いという訳でもないんでしょうね。



格闘タイプ  68 カイリキー237 カポエラー475 エルレイド534 ローブシン638 コバルオン

<攻撃面>
闘技→無・氷・岩・悪・鋼ポケ 
闘技→毒・飛・超・虫ポケ 
闘技→霊ポケ ×

<防御面>
飛・超技→闘ポケ 
虫・岩・悪技→闘ポケ 

格闘タイプはその名の通り武闘家のイメージが強いのですが、脳筋筋肉バカだとか正義だとかといった要素もあるでしょうね。

一般人が武闘家に敵うはずがなく、また岩や氷や金属をも砕いてしまう。…“砕く”という言い方は違うかな?
なんていうか、個人的には怪力男が力技でフライパン曲げてるようなイメージがありますw

そして、悪に対し攻守共に強いというのはやはり正義のイメージから来てると思われますね。
BWでコバルテラキビリジケルのような4足歩行の格闘ポケが登場できたのもやはりその影響があるでしょう。

ロケット団がやたら毒ポケばっか使ってくる事からも察せられるでしょうが、初代当時はエスパーが担っていた「正義」要素はいつの間にか格闘にシフトしています。
…まぁ正義のヒーローって大抵物理で殴って悪役キャラ倒してますしね。

逆に攻守共に格闘側が劣勢なタイプもあります。

飛行は飛んでいる敵には攻撃が当てられないだとか、頭上からの攻撃は対処しづらいとかそういう事でしょうね。ジョジョ3部の格ゲーでペットショップがやたらと強いのがまさにそんな感じ。
分かりづらい例えだったかしら…

エスパーは…というか闘超悪の3すくみは脳筋武闘家・手品師・犯罪者に例えるとピンとくるかも。
脳筋武闘家は手品師のトリックに簡単にひっかかり、一方日頃から犯罪の手口を巧妙に企む犯罪者はそのタネを容易に見透かす。
また、単純に正義・悪で物事を見る脳筋格闘家に犯罪者はボコられる。
…ちょっと書き方が乱暴になっちゃいましたね…w

虫や毒についてはそれぞれの項目で。



毒タイプ  34 ニドキング89 ベトベトン169 クロバット454 ドクロッグ452 ドラピオン

<攻撃面>
毒技→草ポケ 
毒技→毒・地・岩・霊ポケ 
毒技→鋼ポケ ×

<防御面>
地・超技→毒ポケ 
草・闘・毒・虫技→毒ポケ 

毒という凶悪そうな名称のタイプですが抜群を取れるのは草だけ。17タイプにおいて毒に侵されうる生き物を直接連想できるのが草だけって事ですかね(適当)
虫は体内に毒を持つ種もいるから弱点じゃない、とか?

毒は生き物の体を侵すものと考えるなら、逆に生き物でないものには効きそうにないともとれます。
それが毒・地面・岩・ゴーストタイプという事なのでしょうか。
地面や岩は毒を浄化してしまう、あるいは毒針が届かないとか。ゴーストはそもそも既に死んでいる存在なので毒で侵すもクソも無い。
同タイプである毒は「毒を以て毒を制す」という事でしょうか。
鋼の場合半減どころか無効化されてしまうのは鋼を機械と捉えるとしっくりくるかも。鋼は「無機物の象徴的存在、至高の存在」といった印象。

地面技が抜群になるのは浄化作用、エスパーはヒーリング等による解毒といったところですかね。

虫技耐性は前述の通り免疫(?)によるもので、草は毒で枯らせ、格闘は「迂闊に触れられねぇ(´・ω・`)」という事でおそるおそる攻撃してるイメージ。


ところで、ネット上で「毒技→水ポケを抜群にしてほしい」という意見を頻繁に見かける気がします。
確かにイメージ的にも(水質汚染とか?)合ってますし、ゲームバランスの観点からもいい感じなんですよね。でも実際にそうなったらどうだろう。なんか思わぬところで弊害が起きそう…w



地面タイプ  51 ダグトリオ330 フライゴン383 グラードン450 カバルドン530 ドリュウズ

<攻撃面>
地技→炎・電・毒・岩。鋼ポケ 
地技→草・虫ポケ 
地技→飛ポケ ×

<防御面>
水・草・氷技→地ポケ 
毒・岩技→地ポケ 
電技→地ポケ ×

地面だけでなくなんかも連想できるタイプですね。

炎は土を被せて消火、電気はアースの要領で流され、毒は地面の浄化作用、岩や鋼は地震による断層なんかを連想します。
草や虫は地中で根付いたり成長したりするなど地面を利用し生きているという解釈ができます。飛行は地震を起こそうが空を飛ぶものには影響が無いという事でしょう。

防御面でいうと、まぁ水・草・氷はそれぞれの項目で言及した通りで、毒・岩・電に対する耐性も攻撃側の際の考え方でよさそうですね。



続きはその2にて。


068 カイリキー動トップページにもどる068 カイリキー動






























おまけ:初代→金銀間で修正された相性
氷技炎ポケ 等倍から半減に
ある意味初代で氷技(というか実質吹雪)が猛威をふるっていた理由のひとつですね。
そもそも吹雪が威力120・命中90・追加効果氷漬け3割という極悪性能なのがおかしい(切実)
それに加えて、炎技が特殊技であるにも関わらず大抵の炎ポケが物理寄りの種族値だったり、当時の氷ポケの大半が水複合だったりと、技・ポケモン共に炎というタイプ自体が不遇でした。
「地面は氷でいいし、岩も大抵地面複合だから氷でOK、炎はいないも同然」という理由でスターミーが水技を切っている事もザラでしたからねぇ…。


霊技超ポケ 無効から抜群に
これは設定ミスの類らしいですね…w まぁ仮に製品版でもちゃんと抜群の設定になってたとしても、当時はそもそもゴースト技が
威力20の舌で舐める固定ダメのナイトヘッドしか無いし、肝心のゴーストポケも毒複合のゴース系列しかいないのでエスパー一強は必然だったのかも。


毒技虫ポケ 抜群から等倍に
虫技毒ポケ 抜群から半減へ
虫技霊ポケ 等倍から半減へ
虫や毒の相性が妙にややこしいのは、初代とそれ以降で地味ーに違うからというのもありそうですね。

また、この相性の関係上、初代当時は炎・飛・毒とパラス系列に4倍弱点が3つあるという中々凄まじい事態が起こっていましたwww



ちなみに、初代の攻略本ではタイプ相性表を含めありとあらゆる誤植が頻発していましたが、実はそれは
ゲーフリがバランス調整などの理由で変更される前のデータを出版社に送り、出版社側が後から訂正せずそのまま掲載し発売してしまったのではという説があります。





ポケットモンスターシリーズ・攻略ブログ
  1. 2013/06/16(日) 17:37:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。